茶麹とは

はじめまして。河内菌本舗 三代目 河内源一郎(山元正博)と申します。「麹の神様」と呼ばれた初代 河内源一郎の祖父・二代目の父からの遺思を引き継ぎ、日々麹研究に情熱を注いでいます。少し長くなりますが、私が試行錯誤の末、完成させた酵素サプリメント『茶麹(ちゃこうじ)』の誕生秘話に、少しの間お付き合いください。

環境問題から「人の健康」まで。
無限の可能性を秘めた麹研究

昔から健康素材として親しまれてきた“お茶”と“麹”の出会い。

鹿児島で100年つづく老舗麹蔵の三代目として育った私は、東京大学農学部修士課程を修了した後、鹿児島に帰り、2代目のもとで杜氏の修行の合間を縫いながら、社会問題となりつつあった焼酎廃液を安全かつ効率的に処理できる方法について研究をしていました。

その研究と同時に、麹の発酵の実験も行なっていたのですが、そこでできた“玄米麹液”を大手薬品会社に勤める友人に効能分析を頼んだところ、「免疫系統に強烈に働きかけている!麹ってこんなにすごいのか!」と興奮しながら電話をかけてきました。
また、知人からPSA値が高く困ってる(当時の彼の数値は30.0Hを超えていました)と相談されたので、“玄米麹液”を飲ませたところ、一年後にはすっかり正常値(基準値4.0H以下)まで下がりました。

この結果で麹研究が間違っていないと確信した私は「人の健康」をテーマに研究を始めました。
健康の良し悪しを決めるのは第二の脳と言われている『腸』であることに着目し、麹で何かできないかと。

そこで、まず私はこう考えました。

《麹》と《お茶》をコラボレーションさせれば大きな相乗効果が期待できる!

健康の代表格
“お茶”のデメリット

しかし、ここで大きな問題が1つ。
お茶には『細胞増殖抑制作用』があり、抽出して飲む分には問題がありませんが、そのまま茶葉を食べると胃に穴が開くほど刺激が強いのです。

悩んでいたある日、宮崎の養豚家から相談を受けました。

近所のお茶飲料工場から大量の茶カスがタダ同然で手に入るので、豚の餌に使ったところ、たくさんの豚たちが死んでしまった。ただコストパフォーマンスが良いため、この茶カス(茶葉)をどうにかして無毒化し豚の餌にできないかと。

お茶の飲料工場 → 大量の茶カス → タダ同然の茶カスを豚のエサに → 豚が胃潰瘍で大量死

非常に難しい相談でしたが、今までの麹研究の知識を使い、なんとかできる気がしていました。

  • 「茶葉に麹を生やしてみればどうだろう?」
  • 「麹の抗菌作用でうまくいくかもしれない…」

これが期待以上の結果を生み出しました。
茶葉の『細胞増殖抑制作用』は完全になくなり、豚たちの立派な餌になったのです!

お茶と麹の運命的な出会いをヒントに

酵素が腸まで届く〈スーパー麹菌〉河内菌×無農薬栽培 鹿児島県霧島産茶葉

“お茶と麹”の運命的な出会いで素晴らしい商品ができると確信した私は、最高の茶葉を求め地元鹿児島県霧島の茶農家を訪ねました。(お茶の品評会でも三年連続日本一になるほど、霧島茶は有名なのです。)

最高の茶葉を作りたかった私は、農薬は絶対使いたくないというこだわりがありました。
麹を堆肥に使うことで、茶葉につく虫にも麹が生え死んでしまうため、結果的に無農薬栽培の茶葉ができます。

茶畑の土に麹を堆肥として混ぜる → 茶葉につく虫にも麹が生える → 虫に麹が生え死ぬ → 無農薬の茶葉ができる

最高品質の茶葉ができたとはいえ、茶葉と麹の融合は一筋縄ではいきませんでした。
実際これほど製麹の難しい商品は初めてで、今でも3回に1回はうまくいかず廃棄するほど。
しかし、やっとの思いで誕生した『茶麹』は私の期待をはるかに上回る結果になりました。

茶麹の「還元力」は、
健康食材代表とされる
にんにくの約800倍!!

スゴイのは「還元力」だけではありません。
河内菌をお茶に生やすことで河内菌自体もパワーアップ!
還元力はもちろん、「酵素力」もUPしているのです。

2004年9月、ラットに麹を食べさせた実験で血糖値と血中コレステロールが優位に減少することを確認。
社員全員で『茶麹』を飲み、何度か検便を実施、ph値などの検査データを出していると全員、酪酸(らくさん)が増加していました。

「茶麹」と「にんにく」の還元力比較
酪酸(らくさん)とは…
大腸のエネルギー源の約80パーセントを酪酸菌が産生する酪酸がまかなっているともいわれるほど、大腸を動かす上でなくてはならない存在。また、傷ついた腸の粘膜を健康な状態にする働きや脂肪の蓄積を防ぎ、脂肪を燃焼させるため最近では“ヤセ菌”と呼ばれたりしています。

40代から体内の酵素量は急激に減少する。

40代から体内の酵素量は
急激に減少する。

「酵素」は食事のサポートをはじめ、私たちが生きる ためのあらゆる働きに必要不可欠なもの。
生まれた時から体内に持っている「酵素」ですが、 一生のうちに作ることができる酵素量は限りがあり、 しかも年齢とともに作られる量も減少していきます。

酵素が不足すると、この以下の負のサイクルによって、身体は常にどんよりとした状態になります。

加齢とともに体内酵素が減少
酵素が不足する → 食べたものが消化できない → 必要な栄養が吸収できない → 消化できず生ゴミ状態 → 悪玉菌が増加 → スッキリしづらい…

身体環境を良くするためには、
質の良い酵素をたっぷり補うことが大切。

毎日の食事から「酵素」を補うことが一番理想的ですが、酵素は熱に弱いため、料理などで加熱・調理すると失活してしまいます。
また、加熱・加工食品にはほとんど「酵素」が含まれていません。

麹は古くから清酒、味噌、醤油、鰹節などの発酵製造に利用され、
日本人の食生活には欠かすことのできない存在。

麹には、食生活を整える酵素が豊富に含まれています。
まさに、麹は「酵素の宝庫」なのです。

酵素には、女性に嬉しいビタミン成分をはじめ、様々な栄養素や、善玉菌の働きをサポートする働きがあるため、健康・美容面でも注目されています。

しかし、麹菌に含まれる酵素は、胃の強酸性の中では非常に壊れやすいため、十分にその特性を活かすことができません。
では、どのような種類の麹菌を選べば、効率良く「質のいい酵素」が摂れるのでしょうか?

酵素が腸まで届く
スーパー麹菌(河内菌)

河内菌なら分解されずに
腸まで届く

『茶麹』に使用している麹は一般的な麹菌ではなく、初代 河内源一郎が発見し、国菌として認定されているスーパー麹菌《河内菌(かわちきん)》を使用しています。
河内菌の培養〜製造ができるのは、世界で唯一、弊社(河内菌本舗)だけ。

河内菌は、3大消化酵素を始め、人が必要とする酵素の7割以上を出しています。
一般的な麹菌とは異なり、酵素と同時にクエン酸を出しますので、胃酸で分解されずに腸まで届きます。そのため、非常に効率よく質の良い酵素を、体内に取り込むことができるのです。

※出典「日本家禽学会誌 第52巻 第J2号」2015年10月

麹菌は非常にデリケート。温度や湿度を細かく調整していないとすぐにダメになってしまいます。
そのため河内菌は、ほとんどの工程で機械に頼らず、蔵のなかで熟練の職人たちの手によって丁寧に作られています。

国内原料・
国内生産へのこだわり

子供からお年寄りまで
本当に良いものを届けたい

毎日、口に入れるものだから、「茶麹」は原料にもこだわりました。もちろん、香料・保存料・賦形剤は一切不使用。
『茶麹』は、カプセルの着色にカラメル色素を使用しておりますが、3種類あるカラメル色素の中でも、カラメルⅠ(砂糖水を加熱するとできる天然のカラメル)を使用しています。

初代 河内源一郎より始まった麹研究120年。
お陰さまで、『茶麹』のリピート率は94.9%(2016年12月自社アンケート調べ)と高く評価していただいています。
麹の持つチカラを徹底的に追求して完成した酵素サプリメント『茶麹』をぜひあなたも体感してみてください。

麹の持つチカラを徹底的に追求した“酵素サプリメント”

“麹の神様”と呼ばれている初代 河内源一郎の河内菌の発見から麹研究120年、老舗麹蔵だから開発できた叡智の結晶。
酵素が腸まで届くスーパー麹菌《河内菌》と、還元力の高い無農薬栽培の霧島産茶葉を贅沢に配合した理想の酵素サプリメントです。

ページトップ